交際倶楽部でパパ活を始める前に読むブログ

交際倶楽部でパパ活を始める時に気をつけなくてはいけない5つのこと。

はじめに

わたし夕希は交際クラブで3年ほど勤務した経験をもとに、交際クラブでパパ活をする男性と女性双方に適切なアドバイスを提供できればと思いこのサイトを立ち上げました。

仕事柄、交際倶楽部だけでなくパパ活サイトを経営している方ともコンタクトを取っていましたし、女性という立場を活かして女性の紹介や斡旋、撮影のお手伝いなどもしています。

そんなわたしが今回は女性に向けてお贈りする「交際クラブでパパ活を始める時に気をつけなくてはいけない5つのこと。」は、女性ならではの危険性にも触れリアルなマネジメントを提供していくつもりです。

男性向けの内容をご覧になる方はこちらへ
↑男性の方はこちらへアクセスしてください。

 

今回ご紹介する5つのことが理解できて、不安が解消されたら交際倶楽部の受付のドアをノックしてみてください。

きっとこれまで見たことのない明るい未来があなたを待っている事でしょう。

もし、不安が解消されず「どうしたらいいのかわからない」という状態のママでしたら、引き続きこのサイトを読み込んでパパ活の勉強をしていけばいいのです。

人との出会いは縁で結ばれているものですから、焦らず自分のタイミングでスタートを切る準備をしましょう。

1つ、パパは未来のない女性には投資しません

まずわたしが幾人ものパパ候補となるシュガーダディーと面談をしていて感じたのは、パパ希望の皆さんは「だらしない女性」「不潔な女性」「礼儀知らずな女性」とはお付き合いをしたくないと思っているということです。

欲を言えば将来、大物女優やグラビアになりそうな女性を望んでいます。

そのため交際倶楽部の立場上、それに相応しい女性を男性にご紹介したいと思うので、身なりが貧相だったり、不幸顔の女性、言葉遣いが正しくできない方に関しては、どうしてもご紹介が後回しになってしまうのです。

ただ単純にお金がない。

という理由でパパ活をしている方は、まずその動機部分を見直す必要があります。

パパからの投資をどのようなカタチでお返しするのか、もしくはお返しするようにどのような努力するのかが大事なのです。

お金を出して楽しい時間を共有する。

これはもちろん第一前提としてありますが、自分がお世話をした女性が自分の行為によってどのように変わってくれるのかという「成長」部分も楽しみにされている方が多いのです。

その「成長」が見える女性はパパとの関係が長続きしますし、逆に「この子に投資をする意味がないな」と思われてしまえば次の子を紹介してほしいと、わたくしどもにお声が掛かることになります。

結論:将来のビジョンを明確にすることが大事

2つ、肉体関係を迫られたら一度断るのが礼儀

パパ活は食事やデートなどプラトニックな交際の上で、男性が謝礼をお渡しするという仕組みがなりたっております。

肉体関係を持った時点でそれは「パパ活」ではなく「援助交際」もしくは「売春」というものへと変化し、法律上も違法性が出てしまう代物なのです。

男性はどうしてもその方面に話を持っていきがちですが、女性としてはそれをうまく受け流すのもパパ活のテクニックとして身に着ける必要があります。

日本ではあまり馴染みのない儀礼ですが、イタリア人の男性は女性を口説くことを「礼儀」とする文化があり歩き始めた子供から棺桶に入る直前の老婆まで女性であれば「甘い言葉を耳元で囁く」といわれるほどです。

しかし、日本女性は普段から甘い言葉を言われなれていないので、イタリア人男性と知り合うとついうっとりして恋に堕ちてしまうそうのですが、男性からの夜のお誘いもそういった「儀礼」の一つと考えてうまくかわす必要があります。

初顔合わせでもしOKしてしまったら「この子は軽い女の子だ」と思われてしまい真面目なパパからは敬遠されてしまいますし、女性が「1回だけなら…」と思って許してしまうと男性は「1回OKなら次回もOK」と考えるものなのです。

結論:関係を迫られたら上手に受け流すのもパパ活

3つ、わがままも時には必要です。

交際倶楽部で男性とお付き合いする上では礼儀正しく慎ましくを心がけるのは大切なことですが、ときにはわがままを言ってみるのも女性らしさをアピールするポイントです。

あまりにも無粋な注文ですと男性から引かれてしまいますが、控えめなお願いとわがままは長くお付き合いしていくなかでは良いエッセンスになりえます。

ただひたすらに良い子を演じることも悪い選択ではありませんが、男性の立場からみていると皆が同じに見えてしまうというデメリットもあるのです。

そこで無難なわがままを通すことで印象に残りやすくなり、頼られていると感じることでより可愛がってもらえるということもあります。

過去にお世話した女性では「犬が飼ってみたいんです」とパパに伝えていた方は、希望通りの犬種のワンちゃんを誕生日プレゼントでもらえたこともありました。

その後、お逢いするたびにそのワンちゃんのお話をしてくれたり嬉しそうに写真を見せられたので、プレゼントをした男性から非常に満足したというお言葉をいただいたこともございます。

結論:プレゼントをしたことを喜んで貰えると◎

4つ、人間性は時間・お金・股に出る

交際倶楽部の男性は、女性と信頼関係を築きたいと思っています。

信頼関係を構築する要素は大きく分けて3つ。

「時間」「お金」「股」

時間

まず「時間」は待ち合わせ時間を守れるか、連絡を返すタイムラグが長すぎないか、相手に気を付かった時間で行動が出来るかといったところを見られます。

経営者の多い交際倶楽部の男性にとって「時間を守れない人」は約束を守れないということと同じに写るので、過失の有無に関わらずマイナスイメージは避けられません。

お金

次に言わずもがな「お金」はもっとも信頼に直結する大事な部分になります。

以前パパとホテルのディナーでお酒を飲みそのままお泊り(別室で)した女性が、女性の部屋に忘れていったお財布に気づきすぐにお返しに伺ったんだそうです。

後日、そのお話を男性に聞いたのですが…実はわざと忘れたふりをして中身を抜いたりしないか試したのだそう。

結局その時女性は見つけてすぐに届けたので信頼関係を気づけただけでなく、中身も1円抜き取られず寧ろ綺麗な布に包んで持ってきてくれたと男性は自慢げに話しておりました。

その後もかなり長い間お付き合いが続いていたところを見ると、その時に勝ち得た信頼は非常に大きかったのではないでしょうか。

最後は男性は汚れ無き乙女を求めるというお話です。

これまでの経験がゼロというのは無理にしても、無作為に男性と関係を持つ女性は敬遠されます。

寧ろ少しハードルが高い方が燃え上がるという方もいて「肉体関係を迫られたら一度断るのが礼儀」でも解説したように、ガードの堅さを兼ね備えることはパパ活においては必須事項。

しかし途方もなく遠い所へ行きたいと思わないのが性分なので、少しだけ期待を持たせてうまくコントロールすることも女性のたしなみとして必要なのです。

結論:信頼関係を築けたらあとは安泰

5つ、どの交際倶楽部に登録するかが重要

交際倶楽部と一言でいってもたくさんのグループと種類があります。

わたしが働いていた交際倶楽部でも面接にいらした女性から不安の声やこれまでの辛い思いを吐露する方が後を絶ちませんでした。

驚いたのは交際倶楽部とは名ばかりの「写真撮影をしたらそのまま風俗の体験入学をさせられた」というケースと「お声かけがない女性はAVプロダクションへ半ば強引に移籍させる」といった強引な勧誘をする業者がいることです。

女性が誰かに相談しにくい業種であることを悪用した悪質なスカウトや勧誘行為などもあるとのこと。

そうなるともはや交際倶楽部は登録すればいいのではなく、どこに登録するのが安全かということが重要になっています。

結論:交際倶楽部はどこに登録するかがポイント

投稿日:

Copyright© 交際倶楽部でパパ活を始める前に読むブログ , 2020 AllRights Reserved.